2010年4月20日 (火)

桜が終わってツツジの出番です

今、青蓮寺の境内では桜(ソメイヨシノ)が終わり、山肌が山ツツジのオレンジ色に染まりだしています。

Heisei22_2171 もう桜はほとんど散ってしまいました。あれほど待ち望んだ桜も、足早に去ってゆきます。鳥たちが集まってきて、咲き残った花の蜜を楽しんでます。とても賑やかです。

これも無常の定めであります。

桜の下では、山ツツジが咲きだしています。

Heisei22_2181 山ツツジのオレンジ色がお分かりいただけますか。

まもなく桜の葉が茂ってきて、ツツジは隠れてしまいます。

知る人ぞ知るツツジの名所です。80年を超える山ツツジの株が群生していて、かなりの迫力があります。

Heisei22_2201 藤の蕾が大きくなっています。このところの寒さで幾分ゆっくりとふくらんできたように感じますが、まもなく出番となりますね。

花が咲きだすと、蜜を求めて沢山の虫たちが集まってきます。虫たちにとってはご馳走であります。

集まった虫たちはどんな事を話しているのでしょうか・・・・

Heisei22_2211 永代供養墓苑『アユスの郷』モニュメントのアショカピラーも山ツツジの花で荘厳されています。

その手前にはインドのお砂踏みが。ケンケンパになっていて、子供たちはいつまでも飽きずに跳んで遊んでいます。

今インドでは、仏足石の制作が進んでいます。お盆前にはお祭りできると思います。

楽しい境内ですよ。

メルマガ【お寺便り『青蓮寺NOW』】こちらからお入り下さい。第2号がご覧いただけます。ホームページ側からはご覧いただけません。http://www.shorenji2.com/mail-mg-2-1.htmlよろしかったら申し込んで下さい、申し込まれた方にはどなたにでもお送りいたします。(携帯では難しいと思います)

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養、散骨について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

見ながら聞く法話のHPです。 http://www.shorenji2.com です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

なかなか手が回りません

このところ忙しい日が続いています。5月は結構忙しい月なんですよね。

先ほど藤沢市の時宗の総本山遊行寺から帰ってきました。朝、青蓮寺を出た時は雨が降っていました。雨の首都高ほど始末の悪いものはありません、お陰で行きは4時間近くかかってしまいました。

学林で90分の講義をして5時ちょっと前に帰路につきました。今度は天気も回復しており、またガソリン高の影響でしょうか、時間帯から言ってとても信じられないぐらい順調に帰ってくることが出来ました。何と2時間半(ノンストップ)です。

疲れているからと言って、何もしないわけにもいかないし・・・・ぼやきが出そうです。

ニュースで、中国の大地震、ミャンマーのサイクロン被害、実に深刻な大災害の発生です。被災された方々にはお見舞いを申し上げます。また不幸にしてなくなられて多くの皆さんのご冥福をお祈り申し上げるものです。それにしても、どちらもお国柄と申しましょうか、素直に国際社会の援助を受ければ良いのにと思ってしまいます。

そしてニュースでは、先の白鳥撲殺事件もありました。中学生が殺すのがおもしろかったと供述しています。何でこんな発想が出てくるのか、理解に苦しみます。青蓮寺の永代供養墓苑『アユスの郷』のモニュメントとなるアショカピラーのふるさとインドでは、人と動物が当たり前のように同じ領域で暮らしています。そこに野生のリスがいたって、誰も見向きもしません。追い払うこともしません。リスだって人の手が届く、直ぐ近くで悠然と餌を食べています。他の命に対してとても優しいのだと感じる光景でした。

それにしても、最近やたらと殺人事件を始めとする凶悪事件が発生しています。こんな事態を招いた、今の教育で最もかけている宗教教育をしなければならないと私は考えています。

特に命の軽視、これを何とかしなくてはならないと感じます。青蓮寺のHP http://www.shorenji.or.jp 中にあるペット供養のページでも書いているのですが、絶対的な弱者に対して優しくできなければ、人に対したっていたわりの心や優しさは生まれ出ないと思うのです。青蓮寺のペット供養墓苑は、優しさの象徴でもあります。

帰ってきたら『チビタ』が帰ってきていないと・・・・、しょうがないので、何回も境内に出て呼んだのですが気配すら有りません。ひょっとしたらと思い、本堂に行って閉まっているふすまを開けたらそこに閉じこめられていました。「おい、チビタ。かくれんぼはしちゃいけないっていつも言ってるだろ、面白がって隠れるから心配をかけることになってしまうんだから・・・・」文句をひとしきり。でも無事で良かった。

久々のブログ、出来れば毎日書きたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)