2010年5月 6日 (木)

仏足石完成間近!&メルマガ第3号発刊

今インドの地で制作中の仏足石は、いよいよ仕上げに入りまもなく完成となります。

今月中にはインドから日本に向けて船出をすることになります。

Img_2008_2 仕上げ作業中の様子です。

とても完成が楽しみです。

この仏足石の設置で、インドの仏跡お砂踏みの完成となり、皆さんにお釈迦様を感じていただけるようになります。

お砂踏みは23カ所のお釈迦様・仏教ゆかりの地で構成されています。

お砂踏みをしながら自然に仏教の勉強も出来るようになっていますので、皆さんに親しんでいただければと願っています。

お砂踏み、仏足石、永代供養のアショカピラーと、境内の一画はインドゾーンになりつつあります。インドに直接お参りに行けなくても、ここでお参りできますよ。

メルマガ【お寺便り『青蓮寺NOW』】こちらからお入り下さい。第3号がご覧いただけます。ホームページ側からはご覧いただけません。http://www.shorenji2.com/mail-mg-3.htmlよろしかったら申し込んで下さい、申し込まれた方にはどなたにでもお送りいたします。(携帯では難しいと思います)

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養、散骨について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

見ながら聞く法話のHPです。 http://www.shorenji2.com です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

桜が終わってツツジの出番です

今、青蓮寺の境内では桜(ソメイヨシノ)が終わり、山肌が山ツツジのオレンジ色に染まりだしています。

Heisei22_2171 もう桜はほとんど散ってしまいました。あれほど待ち望んだ桜も、足早に去ってゆきます。鳥たちが集まってきて、咲き残った花の蜜を楽しんでます。とても賑やかです。

これも無常の定めであります。

桜の下では、山ツツジが咲きだしています。

Heisei22_2181 山ツツジのオレンジ色がお分かりいただけますか。

まもなく桜の葉が茂ってきて、ツツジは隠れてしまいます。

知る人ぞ知るツツジの名所です。80年を超える山ツツジの株が群生していて、かなりの迫力があります。

Heisei22_2201 藤の蕾が大きくなっています。このところの寒さで幾分ゆっくりとふくらんできたように感じますが、まもなく出番となりますね。

花が咲きだすと、蜜を求めて沢山の虫たちが集まってきます。虫たちにとってはご馳走であります。

集まった虫たちはどんな事を話しているのでしょうか・・・・

Heisei22_2211 永代供養墓苑『アユスの郷』モニュメントのアショカピラーも山ツツジの花で荘厳されています。

その手前にはインドのお砂踏みが。ケンケンパになっていて、子供たちはいつまでも飽きずに跳んで遊んでいます。

今インドでは、仏足石の制作が進んでいます。お盆前にはお祭りできると思います。

楽しい境内ですよ。

メルマガ【お寺便り『青蓮寺NOW』】こちらからお入り下さい。第2号がご覧いただけます。ホームページ側からはご覧いただけません。http://www.shorenji2.com/mail-mg-2-1.htmlよろしかったら申し込んで下さい、申し込まれた方にはどなたにでもお送りいたします。(携帯では難しいと思います)

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養、散骨について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

見ながら聞く法話のHPです。 http://www.shorenji2.com です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

インド仏跡お砂踏み工事始まる

Heisei22_0031_2  昨年2月、インドの八大聖地を参拝した折、各地の土やレンガのかけらを持ち帰りました。その数全部で23カ所となりました。各聖地の参拝記念の土やレンガは、インドで制作した青蓮寺の永代供養墓苑アユスの郷納骨用オリジナル舎利容器(小)に納められています。いよいよ踏み石の下に安置される事になります。

聖地参拝の記念として当初からお砂踏みを作りたいと考え呼びかけ、23人の寄進者をつのる事が出来ました。踏み石もインド産のインペリアル・レッドと決め、その準備を進めてきたわけですが、いよいよ最終段階に入りました。

Heisei22_0011_2  踏み石を仮置きしたところです。子供たちが遊べるようにケンケンパになります。ケンケンパの先には永代供養墓苑アユスの郷のモニュメント『アショカピラー』に達します。

踏み石とアショカピラーの間にはブダガヤで発掘された仏足石をイメージした仏足石を奉安する予定です。現在インドの地で制作に取りかかっているところです。石材はクリシュナ石という仏像などが良く刻まれた仏教に縁の深い石材が奇跡的に手に入る事になりました。これも仏縁の深さと感激しているところです。

Busokuseki1_2 この拓本は、現在ブダガヤで手に入るものです。この拓本と、実物を見合わせてデザインをしています。

その仏足石の側面には、お釈迦様の最後の弟子となったスバドゥーラの姿(クシナガラの涅槃像にあります)を彫る事にしました。私の完全オリジナルです。仏足石と向かい合った時、それどれの方がお釈迦様の教えの下で生かされている事を感じる事が出来るようにと考えたものです。

時あたかも春爛漫、山の桜も咲き出して喜びを表しているようです。

Heisei22_1441

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養、散骨について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

見ながら聞く法話のHPです。 http://www.shorenji2.com です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

雨に濡れたアショカピラー

12月に入り、何かと気ぜわしくなってきましたが、今日は一日雨。境内の一画では、永代供養のモニュメント『アショカピラー』が雨に濡れて静かにたたずんでいます。

Syasinn211203_001 とても静かで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

後ろ側には、先日竹の垣根を設置しましたので、今までよりも引き立って見えるような気がします。現在、この前にインドのお砂踏みを作る準備が進んでいるところです。

Syasin_0081
ここが『アショカピラー』の故郷、ベナレス郊外のサールナートです。(この写真はダーメークスツーパ)

奇跡的にほぼ無傷で発掘されたアショカピラーのピラーヘッドは、インドの国章にもなっています。

このピラーヘッドをインドの地で、等寸で彫ってもらったものが青蓮寺の永代供養墓のモニュメントです。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養、散骨について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

画像を見ながら聞く法話サイトもあります。 http://www.shorenji2.com こちらもどうぞ。

このサイトは新しい試みとして始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

ナーランダ(大学跡)

ナーランダは仏教の総合大学があった場所です。とても大きな遺跡で、イスラムに破壊された時は2ヶ月にわたって燃え続けたと言います。三蔵法師で知られる玄奘三蔵もこの地で学んでいます。一説によると3万人とも言われますが、一万人を超えるお坊さん(先生と修行僧)がここで学問に・修行に励んだと言われています。インドは貧しい国というイメージが皆さんにはあると思います、しかし元々は極めて豊かな国でありますした。一万人のお坊さんの衣食を地域が支えられるだけの豊かさが有ったということです。それは、各地の仏教遺跡のみならず、たくさんの巨大な建築物が物語っています。

Syasin_0011 ナーランダにはたくさんのアショカ樹(無優樹)があります。すらりと伸びる種類と次の写真のように枝を張る種類の2種類有ります。

Syasin_0021 これが枝を張る種類のアショカ樹です。だいぶ趣が異なります。

Syasin_0031_2 この場所は生活空間です。正面の壇になっているところはベッドです。一人部屋と二人部屋があるようです。左端にもちょこっと壇が写っていますから、この場所は二人部屋ですね。

Syasin_0091 発掘状況の写真がパネルで展示してあります。発掘作業も大変だったと思いますが、イギリス人によって発掘されていますので、お宝探しの感は否めません。

Syasin_0131

発掘復元されたスツーパの今の姿です。以前は登ることができたそうですが、保護のため今は禁止されています。

Syasin_0151_2

これは僧院跡でしょうか、右側にスツーパの基壇がたくさん写っています。

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

青蓮寺の永代供養墓苑『アユスの郷』アショカピラーの仮組

青蓮寺の永代供養墓苑『アユスの郷』合葬墓の工事が再開します。今月中には終わる予定でしたが、台座の作成が遅れてしまいました。直径が160センチもある大きな蓮の花で、ピンク色の花崗岩を使用しています。まさしく蓮の花のウテナをイメージしています。

その上にアショカピラー(インドの国章になっている)をお祀りする訳です。このアショカピラー係組みされました、とても存在感があります。実際に設置されるともっと凄い感じになります。

Syasin_68901 工事会社(石材店)の若社長です。とてもがんばりやさんで、私の気まぐれに怒りもせずに付き合ってくださっています。

感謝しています。

このアショカピラーの柱頭が載ると、とてつもなく大きなものに感じることになると思います。

Syasin_68691

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

青蓮寺の永代供養墓苑『アユスの郷』建設工事Ⅴ

Syasin_6836 今日は本体の型枠が組まれています。

アショカピラーを頂く支柱の型枠がセットされようとしているところです。地下部分を含めて、約4メートルの長さがあります。

地上部分は約2メートル、その上に蓮の台座が置かれ、アショカピラーが設置される事になります。

なかなか壮観でした。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

永代供養墓苑『アユスの郷』建設工事の状況

Syasin_6825 青蓮寺の永代供養墓苑『アユスの郷』合葬墓部分の建設工事は鉄筋がほぼ組まれ、基壇部分の型枠組みが進行しています。ここまで来るとだいぶイメージがわいてくるようになります。

Syasin_6828 その基壇部分に今日コンクリートが打たれました。それにしても、実に頑丈そうな鉄筋だと思います。

この基壇で、実際にはどのくらいの重量を支えることになるんでしょうか?

相当な重さになるんでしょうね。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です

Syasin_6827 工事が進む庭の片隅で、笹百合が開きました。

ほとんどの笹百合は枯れてしまっているのに、この株だけはどういう訳かこの時期になって咲きました。温暖化のせいなのでしょうか?本当に不思議な感じがしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

永代供養墓苑「アユスの郷」建設工事その2

Syasin_6803_2 基礎部分が大体掘りあがりました。かなりの深さであることがお分かりいただけると思います。

あまり深いのでハシゴをかけて出入りをしています。

そして、とてつもない量の土砂が駐車場を占領しています。

来週にはコンクリート打ちが始まります、そして鉄筋を組み上げる作業がそれに続きます。

Syasin_6802 12月末には第一期工事は終わり、アショカピラーがその姿を見せてくれます。

お正月に墓参に来られる檀家さんは、さぞやビックリすることだと思います。

青蓮寺の永代供養墓苑「アユスの郷」詳しくはHPでご確認下さい。

http://www.shorenji.or.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

永代供養墓苑第一期工事が始まりました

Syasin_6788 青蓮寺の永代供養墓苑『アユスの郷』合葬墓の工事がいよいよ始まりました。

とんでもなく大きな穴が掘られています。

この工事は第一期工事で、アショカピラーの設置までとなります。

費用がかかりすぎの為、完成にはまだしばらくかかりそうです。

青蓮寺の永代供養墓苑「アユスの郷」詳しくはHPでご確認下さい。

http://www.shorenji.or.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)