« ピプラワ(インド側のカピラ城) | トップページ | 舎衛城 »

2009年9月18日 (金)

祇園精舎

日本で最も有名なお釈迦様の聖地はここ『祇園精舎』ではないでしょうか。平家物語の冒頭『祇園精舎の鐘の声・・・・・』あまりにも有名なフレーズですね。

Gionsyoujya_0051 祇園精舎はコーサラ国の王城の外にある実に広大な遺跡です。

目の前には大きな菩提樹がそびえています。

Gionsyoujya_0061 さすが祇園精舎、イヌの親子だと思いますが瞑想にふけっていました。

人が来てもお構いなし、平然と寝ていました。

Gionsyoujya_0101 私たちがお勤めをしている場所は、お釈迦様がお説法をされたところです。
ここで阿弥陀経が説かれました。

Gionsyoujya_0121 実に広大です。夏から雨期にかけて旅はできませんから、修行者は精舎に集まって修行をします。このことを『安居』(あんご)と言います。

コーサラ国は経済力もあり、お釈迦様は20数回この地で過ごされています。そのため『常在』の地と言われています。

Gionsyoujya_0151 まだまだ未発掘のものがあり、ここでは修復作業が行われていました。

私たちにしてみれば『そんなにいじらないで』と言いたいのですが。

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養、散骨について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

|

« ピプラワ(インド側のカピラ城) | トップページ | 舎衛城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468763/31431244

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園精舎:

« ピプラワ(インド側のカピラ城) | トップページ | 舎衛城 »