« クシナガラ(最後のお説法の地) | トップページ | カピラ城(ティラウラコット) »

2009年8月26日 (水)

お釈迦様降誕の地ルンビニ

ここルンビニは、お釈迦様がお生まれになった地です。四大聖地の第一です。お釈迦様は二五〇〇年ほど前、釈迦族の王子としてこの地でお生まれになられたのです。王妃マヤ夫人は出産のため里へ向かいます。その途中、この地で急に産気づき、右脇の下から生まれ落ちたと伝えられます。この伝説は、バラモン教のカーストを表すものです。神の脇の下から生まれたとされるのはクシャトリア、貴族・武士階層ですから、お釈迦様のカーストに基づく話です。

Runbini_0081 ルンビニの入り口です。ここから力車に乗ってマヤ堂に向かいます。五〇〇メートルぐらい、非常に大きな遺跡です。

Runbini_0141 マヤ堂です。四年前に参拝したときは白壁が目にまぶしかったのですが、すっかりはげ落ちてしまっていて、ちょっととまどってしまいました。

多分あちらの方は気にしないのでしょうね、ノープロブレンです。

Runbini_0191 マヤ堂内、中心になるのがこのレリーフです。

お釈迦様のお誕生の様子が彫られています。

Runbini_0201 お生まれになった場所を示すマーカーストーン、ちょうどレリーフの下にあります。

Runbini_0301 マヤ堂の裏手にあるアショカピラー、そして堂内のレリーフに向かってのお勤めをしました。

Runbini_0351 産湯を使われた沐浴の池と大きな菩提樹、嫌がおうにも神聖さが増します。

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養、散骨について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

|

« クシナガラ(最後のお説法の地) | トップページ | カピラ城(ティラウラコット) »

旅行・地域」カテゴリの記事

インド仏跡参拝」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お釈迦様降誕の地ルンビニ:

« クシナガラ(最後のお説法の地) | トップページ | カピラ城(ティラウラコット) »