« お釈迦様入滅の地・クシナガラ(1)涅槃堂 | トップページ | クシナガラ(最後のお説法の地) »

2009年7月22日 (水)

お釈迦様涅槃の地(荼毘塚・ラマパール塚)

ご自身の死が近いことを悟ったお釈迦様は、生まれ故郷のカピラ城を目指します。私たちの旅は、ラージギルから以降、お釈迦様の最後の旅路をたどって参りました。 2月15日、故郷にたどり着くことなくお釈迦様は涅槃に入られたのです。この場所は、お釈迦様を荼毘に付した場所です。その遺骨は8つに分けられ、各国に祀られることになりました。

Kusinagara_0181 荼毘塚(ラマバール塚)は、涅槃図にも描かれている、バッティ川のほとりにあります。

インドの火葬場は今でも間違いなく川の畔にあります。

Kusinagara_0191 とても静かな場所で、柵に囲まれ厳重に守られています。

もう少したつと門が閉じられてしまう、直前に到着です。

Kusinagara_0211 当然のことですが、ここでもお勤めをしました。お釈迦様の聖地参拝は、巡礼の旅そのものです。

こうやってお勤めをしていると、お釈迦様の偉大さがよく分かります。

Kusinagara_0251 既に日は落ち、夕闇が迫ってきています。薄明るい西を背に、荼毘塚は静まりかえっていました。

荘厳さが否応なしに増してきます。

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

|

« お釈迦様入滅の地・クシナガラ(1)涅槃堂 | トップページ | クシナガラ(最後のお説法の地) »

インド仏跡参拝」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468763/30651122

この記事へのトラックバック一覧です: お釈迦様涅槃の地(荼毘塚・ラマパール塚):

« お釈迦様入滅の地・クシナガラ(1)涅槃堂 | トップページ | クシナガラ(最後のお説法の地) »