« バイシャリ(その1) | トップページ | 巨大スツーパ・ケサリア »

2009年6月26日 (金)

バイシャリ・その2

バイシャリ2つめの仏跡です。ここは2300年前の建立当時のまま、完全な形で残っているアショカピラーで有名です。お釈迦様はバイシャリをとても気に入っておられたようで、最後の旅でバイシャリをあとにする時、何度も振り返り「バイシャリは美しい」と仰ったと言います。遊女アンバパリーの供養や、猿王の蜂蜜供養、猿が掘った沐浴の池など、お釈迦様にまつわる代表的な話がいくつもの越されています。前回の参拝旅行ではこの地を参拝出来ませんでしたので、今回は訪れたい聖地の第一に挙げたところでもあります。とても静かな落ち着いた聖地でした。

Syasin_0161 2300年前と変わらぬ姿で立つアショカピラー、唯一完全な姿と言われていますが、この北方にあるラウリアナンダンガルという仏跡にも完全な姿のアショカピラーが有ると言います。今度はそこにも行ってみたいと思いますが、そこに行くためには1日増えてしまいます。

スツーパに向かって皆でお勤めをしました。

Syasin_0211 アショカピラーはスツーパに向かう形で立っています。ピラーヘッドは一頭の獅子が座っている姿です。

かなりの存在感があります。

Syasin_0301 スツーパ越しにアショカピラーを望んだところです。ちょうど獅子がスツーパに座っているように見えます。

インドはレンガと石の文化、同時にその文化を伺うことができます。

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

|

« バイシャリ(その1) | トップページ | 巨大スツーパ・ケサリア »

旅行・地域」カテゴリの記事

インド仏跡参拝」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイシャリ・その2:

« バイシャリ(その1) | トップページ | 巨大スツーパ・ケサリア »