« ラージギル(城壁跡) | トップページ | ラージギル(竹林精舎) »

2009年5月28日 (木)

ラージギル(車輪跡)

2500年も前の車輪跡です。ラージギルはマガダ国の王城があった場所で、交易で栄えました。当時既に鉄の車輪が使われ、沢山の馬車や牛車が行き交った光景が浮かんでくるようです。

平行した轍の跡が岩盤をうがって残されています。日本では縄文時代晩期でしょうから驚きです。

Syasin_0101 車輪跡が残っている場所は岩盤です。だから今に残っているわけですが、周囲は塀に囲まれて保護されています。

別に入場料を取られるわけでも無し、管理人が居るわけでもありません。自由に入って見学出来ました。

沢山のビデオが@niftyのビデオ共有にUPしてありますので、そちらもご覧下さい。

@niftyの検索画面で『動画』を指定し『インド仏跡参拝の旅』で検索すれば今回の参拝旅行のビデオがご覧いただけます。

青蓮寺の永代供養は、とことんインドにこだわって建設しました。

永代供養墓苑『アユスの郷』、ペット供養について詳しく知りたい方は

青蓮寺のHPをご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp です。

相談事もHPで受けていますので、ご利用下さい。

|

« ラージギル(城壁跡) | トップページ | ラージギル(竹林精舎) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラージギル(車輪跡):

« ラージギル(城壁跡) | トップページ | ラージギル(竹林精舎) »