« ボタンが満開 | トップページ | 青蓮寺の境内は、春の終わり・夏の予感 »

2008年5月 2日 (金)

青蓮寺NOWのバックナンバーです

Syasin_335  永代供養のページをご覧いただければお分かりいただけることなのですが、私のこだわりが一つ一つと、解決してきました。あくまでもインドにこだわる、これは相当しんどいことでした。中国なら簡単にてずるなりが見つかるのですが、インドとなるとそうは参りません。
 私のこだわりに、たくさんの方々が巻き込まれてしまい、ご迷惑を沢山お掛けしたのですが、仏様のご加護と申しましょうか、本当に感謝申し上げるばかりです。
 アショカピラーは、材質こそ異なりますが、等寸で作れることになりました。半年先には出来上がってくると思います。本当に今から楽しみです。
 舎利容器については、ほぼ決まりです。来年の2月のインド旅行の時までには全て決まっていることでしょう。
 永代供養墓苑『アユスの郷』いよいよ本格的に動き出します。
 なお、石仏制作費が高騰していますので、お申し込みはお急ぎいただいた方が有利かと存じます。 H20/04/14

家族墓は阿弥陀様です。そして永代供養墓苑(合葬墓)のモニュメントはサールナートのアショカピラーです。家族墓の他に、夫婦墓、個人墓(男性用・女性用)が用意されています。興味のある方は是非お訪ね下さい。

青蓮寺のHP http://www.shorenji.or.jp 永代供養墓苑「アユスの郷」でも詳しく案内しています。Photo

|

« ボタンが満開 | トップページ | 青蓮寺の境内は、春の終わり・夏の予感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青蓮寺NOWのバックナンバーです:

« ボタンが満開 | トップページ | 青蓮寺の境内は、春の終わり・夏の予感 »