« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

遊行寺の菖蒲

Syasin_538 5月28日の時宗総本山、遊行寺の菖蒲の様子です。やっと咲き出したところです。

まもなく見頃になるのではないかと思います。

雨が続き、梅雨入りを思わせる今日この頃ですが、うっとうしさを吹き飛ばすかのように遊行寺の菖蒲畑の菖蒲たちが咲き出しています。

本堂右手にある一遍上人の銅像も雨に濡れ、それなりの雰囲気があります。

遊行寺の境内は誰でもぶらりと立ち寄れますので、お近くに来られた方は是非寄ってみて下さい。

菖蒲畑にも案内表示がありますから、案内に従いお楽しみ下さい。

ただし今年の菖蒲はちょっと元気がありません。植え替えをしてまだ根付かない時にモグラがだいぶ荒らし回ってくれ、根が張れなかったのが原因のようです。

モグラのいたずらじゃ仕方有りません。勘弁してやって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

ホタルブクロ

Syasin_539 今青蓮寺の庭先ではホタルブクロが咲いています。

白花、紫、薄紫と3種類のホタルブクロが咲き競います。

子供達がこの花に蛍を入れて遊んだことから「ホタルブクロ」の名がついたとか。

ロマンチックな名前ですね。

そういえばペット供養墓苑にある柚子の花は咲いたのでしょうか?昨年が豊作だったから、今年は不作になるはずです。

毎年平均に成ってくれればうれしいのですけれども。

永代供養墓苑「アユスの郷」合葬墓建設予定地ではサツキとバラが咲いていました。

今日は午前中まで雨でしたから、木々の緑はさっぱりとした感じがしました。

Syasin_541 薄紫のホタルブクロは、花が雨を含んで重そうです。ちょっとうなだれているようで可愛い感じがします。

ホタルブクロは着かけに寄らず、結構強い植物です。場所さえ気に入れば、後は放っておいたって大丈夫。

そんなしたたかさが有ります。

そう言えば「シラン」にも白い花があるのですよね。青蓮寺の庭でシランが増えていますから、きっと白花も大丈夫でしょう。後で知り合いにお願いしてみようと思います。    

紫のホタルブクロが一番元気です。
白や薄紫の花はこれからが本格的です。3種類が咲き競うのもじきです。今から楽しみにしています。

ゆっくり楽しんでください。
Syasin_540

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月26日 (月)

カミナリがすごかった!

Syasin_537 今日の午後4時頃

カミナリが凄くなりました。雷鳴とどろきわたり、という状態でした。

カブで出かけていたので慌てて帰路についたのですが、直ぐそこで激しい夕立になっているのがよく見えました。

帰り着いて、掃き集めておいた泰山木の葉を片付け始めたら直ぐに降り出してしまい、慌てて中止。

30分ぐらい激しい雨が降りました。雨が上がったのでハナの散歩に出かけましたが、東の空には大きな雷雲が。真夏だってこんな凄い雲は滅多にお目にかかれません。

雨上がりの青蓮寺の境内では、芝生がみずみずしくなりました。永代供養墓苑「アユスの郷」の石仏が雨に洗われさっぱりとしていました。赤砂岩製の石仏は赤い色を増していました。とても風情がありましたよ。

写真は、散歩が終わってから撮影しましたので、だいぶ遠ざかってしまいましたが、その大きさは分かっていただけるのではないかと思います。

Syasin_536 ビッグニュースです

半分諦めかけていた熱帯睡蓮が、芽を出したようです。

小さな葉がでているのに気付きました。

キング・オブ・ブルーという品種です。

青い蓮はありませんから、せめて睡蓮だけでも青をと思い購入したものです。

寺の名前が青蓮寺ですから、本当は青い蓮が欲しいのですが自然界では存在しません。バイオでもいいから青い蓮を作れないかな~。期待している私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

八重のドクダミです

Syasin_515 八重のドクダミが咲き出しました。

とてもきれいで可憐な花です。

でも、ドクダミという名前は気の毒に感じてしまいます。

花が小さすぎてバカチョンではピントが難しいですね。

今青蓮寺の庭では初夏の花が咲き出しています。

永代供養墓苑合葬墓予定地やペット供養墓苑の周りでもたくさんの緑や花が自己主張しているようです。Syasin_532
本堂正面にある泰山木も花が咲き出しています。一番てっぺんで咲いているので写真では分からないと思いますが、何とも早すぎます。

毎日たくさんの葉が落ちるので、落ち葉掃きが大変です。

泰山木の葉は堅くて直ぐに引っかかってしまいます。ですから簡単には掃き集められません。

ああシンド!

HPの方で今の花をご覧下さい。 http://www.shorenji.or.jp 

初夏の花がご覧いただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

アルバムを追加しました

青蓮寺のペットたち、このたびペットたちのアルバムを追加しました。

Syasin_452

ハナチャの部屋にどうぞ。








Syasin_346

トラ君の部屋にどうぞおこしやす。










Syasin_501


やんちゃな、チビタの部屋もあります。

今後、青蓮寺の花々のアルバム・永代供養墓苑関係のアルバム・ペット供養関係のアルバム、等々、順次追加して行きます。

どうぞおたのしみに!!!!!!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

睡蓮が咲きました

Syasin_504 青蓮寺の蓮池で、今年初めての睡蓮が咲きました。

きれいですね。心が洗われます。

蓮はこのところちょっと変な感じがしています。芽が動き出すのはすごく早かったのですが、その後あまり活動的ではないように感じます。

時々寒くてコタツがほしくなるような日がありますから、そんな影響なのでしょうか。Syasin_503

これだけ暖かい日が多いのだから、もっと活動的でよいのではないかと思いながら池を毎朝眺めています。

アサザも一緒に咲きました。池に入れて3年、今年はやたらと元気になっています。

小さな花で1日しか持ちませんが、可愛くて好きな花です。

苗が欲しい方には差し上げています。よろしければ取りに来てください。

青蓮寺のHPにも書いてあります。 http://www.shorenji.or.jp です。

Syasin_505
青蓮寺のHPでは、永代供養墓苑「アユスの郷」やペット供養のご案内もさせていただいています。興味がありましたらこちらものぞいてみてください。

池の排水溝の所で、雨降り朝顔も咲いていました。よく見ると結構可愛い花ですね。

今、植物は夏に向かって準備中。そんな感じがする境内の今をご覧いただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

青蓮寺のペット

Syasin_494 ハナチャの登場です。

何をしているかって?

一心不乱に草を食べていました。

いくら草を食べたって牛には成れないんだから!

言い聞かせても食べるのをやめません。

牛になれるとでも思っているのでしょうか?Syasin_495

やっぱり牛になれないと分かって、しょんぼり顔のハナチャでした。

青蓮寺の境内は緑が益々濃くなっています。お陰であたりは雑草だらけの状態。

困ったモンです。

ネコたちは草の茂った?芝生でジャれっこに興じていました。ちょうどかくれんぼによいようです。Syasin_491
芝生の中では、私の大好きなねじり花が大きくなってきています。

この様子だと直に花芽が伸び出すのではないでしょうか。

永代供養墓苑の前の芝生にはこのねじり花が群生しています。咲くと芝生の上がピンク色に見えるほどです。

そんなわけですから、ねじり花が終わるまでは芝刈りは出来ません。

ねじり花を愛せない人は、芝生が伸び放題に、住職が怠けていると思うことでしょう。

今雨が降っています。夜も更けてきたというのにトラ君はまだ帰ってきません。事故で死んだ先輩ニャンタ君のことでも思いだし、ペット供養墓でもお参りしているのでしょうか?

雨が強くなってきて、雨だれの音がばちゃばちゃ聞こえます。いいから早く帰ってこい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

昨夜のトラ君

Syasin_173 昨日、夕方から雷雨、実に変なお天気ですね。

いざ寝ようとなった時、トラ君の姿が見えません。あちこち探したのですが、気配すら有りません。

チビタは母のベットの上で寝ています。トラは?となって大捜索の開始。

外に出て呼んでも、本堂を始めとして庫裏中も家捜し。

青蓮寺のペットたち、姿が見えなくなるとこちらは大変な思いをさせられます。諦めかけた頃、ひょっこり母の部屋の前に姿を表し・・・・、得意のかくれんぼをしていたようです。きっと私が探し回っている姿をどこからか見て面白がっていたのだと思います。

そう言えば、お葬式で留守にしていた時、『犬がうるさい、吠えたら殺すぞ!』と、変な輩が怒鳴り込んできたそうです。向かいのアパートの学生か?正体不明。

ちょっと極端すぎますね。あまりにも短絡的な思考回路ではないでしょうか?こんな考えをしていると、犬でもネコでも、最後には人までもが殺す対象になってしまうか、実に心配です。

もっともっと心にゆとりを持たなければなりません。気持ちが落ち着かなくなったら、青蓮寺の境内でも散歩して、頭に上った血を下げましょうよ。その方がよほど健康的ですね。

境内には、永代供養墓苑『アユスの郷』の石仏達が参拝者を笑顔で迎えています。花の絶えないペット供養墓も有ります。モミジの木は種が実っています。木々は緑を増しています。芝生の中では、ねじり花が伸び出しています。池の睡蓮はつぼみがふくらんでいます。アサザのつぼみもふくらんできました。

散策しているだけで気分が落ち着きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

青蓮寺の境内では

Syasin_478 ついこの間は、とても寒くてコタツのお世話になってしまいました。変な陽気ですね。

でも、青蓮寺の境内の植物たちは、確実に夏に向かっているようです。

シランがもう終わろうとしています。その脇ではアヤメが咲き出しています。この頃良く雨が降るので、梅雨と勘違いをしてしまったのかもしれませんね。

これは、裏山からおろしたアヤメで、青蓮寺の境内にしっかりと根付き何カ所かで咲きSyasin_485 ます。園芸種にない美しさがとてもスキです。

夏草が茂っているように見える草むら。ここに茶色に変色している葉が見えます。これは『狐のカミソリ』です。早くも休眠にはいるようです。去年は7月の末にオレンジ色っぽい花を咲かせました。彼岸花科の植物です。

永代供養墓苑『アユスの郷』合葬墓建設予定地の前の芝生には彼岸花があります。こちらも休眠に入りそうでした。お彼岸前にはSyasin_482 赤い花が見られることでしょう。

母の大好物のイチジクの実もいつの間にか大きくなっています。熟すのはもう少し先ですが、今から収穫が楽しみです。

青蓮寺の境内の、いつもの風景かもしれませんが、結構楽しめます。

そう言えば、アサザは、早くもつぼみを持ちました。昨年と比べるととても早いですね。

睡蓮のつぼみもだいぶ大きくなってきましたから、直に咲くと思います。

楽しい青蓮寺のご案内でした。 詳しくは http://www.shorenji.or.jp もご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

なかなか手が回りません

このところ忙しい日が続いています。5月は結構忙しい月なんですよね。

先ほど藤沢市の時宗の総本山遊行寺から帰ってきました。朝、青蓮寺を出た時は雨が降っていました。雨の首都高ほど始末の悪いものはありません、お陰で行きは4時間近くかかってしまいました。

学林で90分の講義をして5時ちょっと前に帰路につきました。今度は天気も回復しており、またガソリン高の影響でしょうか、時間帯から言ってとても信じられないぐらい順調に帰ってくることが出来ました。何と2時間半(ノンストップ)です。

疲れているからと言って、何もしないわけにもいかないし・・・・ぼやきが出そうです。

ニュースで、中国の大地震、ミャンマーのサイクロン被害、実に深刻な大災害の発生です。被災された方々にはお見舞いを申し上げます。また不幸にしてなくなられて多くの皆さんのご冥福をお祈り申し上げるものです。それにしても、どちらもお国柄と申しましょうか、素直に国際社会の援助を受ければ良いのにと思ってしまいます。

そしてニュースでは、先の白鳥撲殺事件もありました。中学生が殺すのがおもしろかったと供述しています。何でこんな発想が出てくるのか、理解に苦しみます。青蓮寺の永代供養墓苑『アユスの郷』のモニュメントとなるアショカピラーのふるさとインドでは、人と動物が当たり前のように同じ領域で暮らしています。そこに野生のリスがいたって、誰も見向きもしません。追い払うこともしません。リスだって人の手が届く、直ぐ近くで悠然と餌を食べています。他の命に対してとても優しいのだと感じる光景でした。

それにしても、最近やたらと殺人事件を始めとする凶悪事件が発生しています。こんな事態を招いた、今の教育で最もかけている宗教教育をしなければならないと私は考えています。

特に命の軽視、これを何とかしなくてはならないと感じます。青蓮寺のHP http://www.shorenji.or.jp 中にあるペット供養のページでも書いているのですが、絶対的な弱者に対して優しくできなければ、人に対したっていたわりの心や優しさは生まれ出ないと思うのです。青蓮寺のペット供養墓苑は、優しさの象徴でもあります。

帰ってきたら『チビタ』が帰ってきていないと・・・・、しょうがないので、何回も境内に出て呼んだのですが気配すら有りません。ひょっとしたらと思い、本堂に行って閉まっているふすまを開けたらそこに閉じこめられていました。「おい、チビタ。かくれんぼはしちゃいけないっていつも言ってるだろ、面白がって隠れるから心配をかけることになってしまうんだから・・・・」文句をひとしきり。でも無事で良かった。

久々のブログ、出来れば毎日書きたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

飛行機雲

Syasin_476 5月7日の夕方です。

時宗の総本山遊行寺からの帰り、国道50号の足利で撮影しました。

珍しく飛行機雲が長く尾を引いています。天気はとても良く、崩れるような気配もありませんでしたが、飛行機雲がこんなに長く、と驚きました。

ちょうど道路標識の上に斜めに写っています。進行方向に夕日も写っています。Syasin_477_2

それからしばらく走り、もうすぐ桐生にさしかかるところまで来ましたがまだ飛行機雲は消えずにたなびいていました。

こんな事は初めてです。

この時もう陽は沈んでいます。

飛行機雲が出る時は、天気は下り坂のようです。

たまには空を見ているのも楽しいことですね。

青蓮寺の庭も、初夏に向かって刻々と変化しています。花の様子、緑の変化、毎日新しい発見がありますね。

永代供養墓苑「アユスの郷」も着々と準備が進んでいます。合葬墓の建設に向かい、具体的な見積段階に入りました。10月末か11月頃には、モニュメントのアショカピラーもインドから出来上がってくる予定です。とても楽しみです。

ペット供養は合同慰霊供養の準備に取りかかる時期になります。こちらも急がねば。

桐生南無の会の周年記念講演会の準備もしなくてはなりません。やることばかりに追われている感じがします。

詳しいことは、青蓮寺のHP http://www.shorenji.or.jp で確認してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

青蓮寺の境内は、春の終わり・夏の予感

Syasin_468 青蓮寺の中庭、ボタンが雨に打たれて散ってしまいました。

花が咲いてから、雨がなかったので今年は本当によい花を見ることが出来ました。

過ぎゆく春を惜しむかのように花びらが地を染めて行きます。

「もののあわれ」を感じさせる光景ですね。

Syasin_470 ボタンが散り、桜のトリをつとめた八重桜が散り、と春が足早に去ろうとしている中、青蓮寺の蓮池では睡蓮がつぼみを持ち、出番を迎えようとしています。

中央、水の中に丸くつぼみが写っています。この睡蓮は白い花を咲かせます。

赤花の睡蓮もつぼみが出ています。

一気に夏へと向かうのでしょうか?

このところ夏日が多いですよね。

Syasin_473 エニシダも散っています。そのそばではヒナギクが咲き出して・・・・・・・

春に雨が多くて、夏の到来がなんだか急ぎ足で、・・・・・

昨年みたいな猛暑じゃつらいですよね。

これで空梅雨にでもなったら踏んだり蹴ったりとなってしまいます。

そうならないように祈るばかりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

青蓮寺NOWのバックナンバーです

Syasin_335  永代供養のページをご覧いただければお分かりいただけることなのですが、私のこだわりが一つ一つと、解決してきました。あくまでもインドにこだわる、これは相当しんどいことでした。中国なら簡単にてずるなりが見つかるのですが、インドとなるとそうは参りません。
 私のこだわりに、たくさんの方々が巻き込まれてしまい、ご迷惑を沢山お掛けしたのですが、仏様のご加護と申しましょうか、本当に感謝申し上げるばかりです。
 アショカピラーは、材質こそ異なりますが、等寸で作れることになりました。半年先には出来上がってくると思います。本当に今から楽しみです。
 舎利容器については、ほぼ決まりです。来年の2月のインド旅行の時までには全て決まっていることでしょう。
 永代供養墓苑『アユスの郷』いよいよ本格的に動き出します。
 なお、石仏制作費が高騰していますので、お申し込みはお急ぎいただいた方が有利かと存じます。 H20/04/14

家族墓は阿弥陀様です。そして永代供養墓苑(合葬墓)のモニュメントはサールナートのアショカピラーです。家族墓の他に、夫婦墓、個人墓(男性用・女性用)が用意されています。興味のある方は是非お訪ね下さい。

青蓮寺のHP http://www.shorenji.or.jp 永代供養墓苑「アユスの郷」でも詳しく案内しています。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボタンが満開

Syasin_460 今、青蓮寺のボタンはまさに満開です。

咲いてから雨に降られなかったため、いつもより長く楽しむことが出来ました。しかし、今まさに散ろうとしています。

今晩には雨が降りそうですから、これで見納めかもしれませんね。Syasin_461

このボタンを見届けるかのように、石竹(名前には自信がありません)の花が咲いていました。

ちょうどボタンの一番上の花の後ろで咲いています。

どんどん緑が濃くなって行く中、足早に過ぎゆく春を惜しむかのようです。

明日は桐生仏教会の花祭り、街頭で甘茶の接待をいたします。詳しくはhttp://www.shorenji.or.jp桐生仏教会のページでご確認下さい。雨に降られなければよいと念じています。Syasin_438

ペット供養墓では、南天も芽を出していました。

きっと鳥が種を落としていったのでしょうね。

と言うことは、鳥もお参りに来たのかな?

そう考えると楽しくなってきます。

みんなが可愛がっていた白鳥が、何者かに殴り殺される、こんな悲しい、情けないニュースは有ってはならないことですよね。

人間から見て絶対的弱者、その命を愛しむことが出来なくて、何が人間ですか。激しい怒りと悲しみを覚えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »