« 今日のペットたち | トップページ | タケノコ掘って、蓮植えて・・・ »

2008年4月24日 (木)

昨日は、時宗の総本山「遊行寺」へ行ってました。

Syasin_411 時宗の総本山「遊行寺」は今日まで春の開山忌です。

毎月23日は布教伝道部門が担当する月例法話の会が開催されています。今月は私が当番で、お話をして参りました。

内容は、インドの側から見た仏教について、その成立以前の歴史的な経過と、それがどの様に関わっているのか。

また、現在の仏教とどう関わっているのかを『lololon婆の見聞記』という素晴らしいサSyasin_412 イトがあるのですが、そこで紹介されている古代説話を用いながらお話を1時間ちょっとしたものです。

もうかれこれ10年以上、年に1回ぐらいはお話をしていますので、知ったお顔もあります。

その方々は、今までのお話と全く違うので面白がって聞いて下さっていたようです。

インドの古代民話が、日本の民話にもなっSyasin_413 ています。2500年も前から実はボーダーレスだったんですね。

法話会が終わって、藤沢の踊り念仏保存会の皆さんが踊り念仏を奉納して下さいました。

太鼓と鉦を打ち鳴らし、お念仏を称えながら巡ります。

盆踊りの原型がここにあるとも言われています。

Syasin_415 毎年4月の23日、午後には法話会と、踊り念仏があります、それと、今年は雅楽の演奏もありました。覚えていて下さり興味がありましたら、お越しいただけますようにお願いいたします。

法話会に先立ちまして、お施餓鬼法要も厳修されます。ご回向を希望される方はどなたでも申し込めますので午後1時ぐらいに本堂の方へ起こしいただければと思います。

開山忌は4月が遊行寺を開山された遊行4代『呑海上人』の、9月が宗祖『一遍上人』のためです。詳しいことは遊行寺のHPで確認下さいますように。

半僧坊のお祭りが終わって、片付けやら何やらでちょっと忙しい日が続いています。そんなわけで、ブログもあまり書いていませんでした。ゴメンナサイ。

Photo 青蓮寺の永代供養墓苑『アユスの郷』も着々と進行しています。この写真が既に制作が始まったアヨカピラーの写真です。

2千年以上も前に作られたなんて、本当に素晴らしい彫刻です。インドの紙幣にもこのアショカピラーは印刷されていて、インドを象徴する国宝というよりは世界の宝です。

材質こそ違え、等寸での制作です。今からワクワクしています。

アジア・アフリカ国際奉仕財団のお世話になっての夢の実現です。感謝しているところです。

ペット供養墓も、永代供養墓も、私のオリジナルです。どこにもないものを創造させていただけるなんて、本当に有り難いことです。

青蓮寺の花々の様子、これからHPをメンテナンスしますのでご覧下さい。

トップページhttp://www.shorenji.or.jpの左側にある見出しから入れるようにします。

ついでに、意見公募のページにもにもお立ち寄り下さい。

|

« 今日のペットたち | トップページ | タケノコ掘って、蓮植えて・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は、時宗の総本山「遊行寺」へ行ってました。:

« 今日のペットたち | トップページ | タケノコ掘って、蓮植えて・・・ »