« 雪掃きで大変な日でした | トップページ | 忙しくしていたら熱が出ましたトホホ »

2008年2月26日 (火)

昨日今日と藤沢でした

昨日の朝6時前に、時宗総本山遊行寺へ向けて車で青蓮寺を出発。今日午後帰ってきました。目的は宗議会出席のためです。今回は宗議会議員の任期満了による選挙後初の議会です。今回は2期目の議員5人以外は、全て改選された新人です。これほど議員が入れ替わった選挙は過去に類がないぐらいの変わりようです。しかも年齢がぐうっと若返りました。おそらく15歳ぐらい若返ったのではないかとお互いに話し合いました。

若返った効果でしょうか、非常に風通しが良くなったように感じました。5年前には、反対側(当局)でしたから、ちょっと勝手が違います。答弁する側にいた人間が、今度は質問する側です。今後は宗の発展のために外側から頑張りたいと思います。

総本山の経営基盤については総本山評議会で議論されました。内容はともかくとして、時宗の総本山遊行寺の永代供養についてご案内いたしましょう。遊行寺の永代供養の歴史は古く、ずうっと以前からありました。永代供養冥加料は100万円以上です。皆さんは高いと思われますか?私は極めて安いと考えています。遊行寺の永代供養はお墓はありません。各末寺の檀家さんがその対象です。ですからお墓は各末寺(菩提寺)の方にあります。お施主さんの希望する日の回向帳に故人の戒名が書き込まれます。ほとんどがご命日になります。

毎月、その日の朝、朝のお勤めの時にご回向がされるというものです。期限はありません。ずうとです。100年経ったとします。年12回ご回向がされますから、1200回になります。しかもお上人様のお勤めされる場でです。100万円を1200で割ってみてください。1回あたり1000円にもなりません。これが100年200年と続くのですから、もうただ同然で毎月ご回向をしていただけるわけです。永代供養の中には江戸時代からのものも沢山含まれています。すごいでしょう。永代供養と言いながら33回忌とか50回忌で終わりですよ、と言う永代供養とは訳が違います。中には他宗の方も入っています、これも凄いとしか言いようがありません。本当の意味での永代供養の姿がここに見られます。

ペット供養も結構歴史が古く、6月の合同慰霊祭にはたくさんの参拝者でにぎわいます。藤沢市民の方々にとって、実に親しまれているペット供養となっています。

以前にもちょっと書きましたが、大ソテツをよく見ましたら、実が残っていました。ほとんどがカラスに食べられてしまったそうですが、カラスのくちばしが届かないところにかろうじて残っていたものです。とてもきれいなオレンジ色の実です。10数個手に入りましたので、お彼岸のプレゼントにしようと考えています。近日中に青蓮寺のHP上でご案内しますので楽しみにしていて下さい。(まもなく娘が帰ってきますので、デジカメも手元に戻ります。そうしたらソテツの実の写真入りでご希望を受け付けようと思います。)

2日ばかり留守にしていました関係で、ブログの書き込みもお休みでした。出来るだけ書きますので、応援のほどよろしくお願いいたします。青蓮寺のHP上で実施している意見公募につきましてもよろしくお願いいたします。

|

« 雪掃きで大変な日でした | トップページ | 忙しくしていたら熱が出ましたトホホ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日今日と藤沢でした:

« 雪掃きで大変な日でした | トップページ | 忙しくしていたら熱が出ましたトホホ »