« 永代供養が求められるわけ | トップページ | 今日は初午でした »

2008年2月11日 (月)

青蓮寺のペットたち(1)

第1弾は、犬のハナチャです。
Syasin_092 彼女は捨て犬でした。青蓮寺のペットの座を掌中にした幸運な犬です。
ハナチャは子犬の時に捨てられました。子犬を拾った人が、ペットショップだと思って電話を掛けたところがペットショップのあとに開店していた喫茶店。
「犬を処分したいのですがどうすればよいのでしょうか?」たまたまその喫茶店は、動物好きのお店でした。
この問い合わせに対して、心優しい店のオーナーはその犬を引き取りに出かけました。
そして、常連客と力を合わせて飼い主捜しをし出しました。しかしなかなか名乗りを上げてくれる人は現れません。仕方がないので、桐生タイムスというローカル紙の「求めます」のコーナーに飼い主募集の記事を書いてもらったのです。
その記事を目にしたのが私でした。その少し前に、豆柴っぽい野良犬を飼っていたのですが老犬で死んでしまったのです。ワンコと言いました。ワンコは、どこからかやってきて寺の境内に住み着いてしまったのです。お墓参りの方が来ると、竹藪から出てきてほえますので、姿を見る旅に追い払っていました。しかしまたすぐに戻ってきてしまいます。哀れに思った母がせんべいのかけらなどを与えてしまったから、あとはじりじりと距離を縮められてしまい、ついに飼う羽目になってしまいます。
その犬がとても良い犬で、私の散歩のお相手になり、楽しいペットライフが再現してしまいました。
そのワンコが死んでしまい、つまらなくてしょうがない事態。犬を飼いたいなー。
そんなときに記事を目にしてしまったのです。
まだ子犬でしたが、足はちょっと大きめで、中型犬の予感。でもそのなつこさに負けて、もらい受けてきてしまいました。
案の定どんどん大きき区なり今では18キロぐらいの立派な中型犬。
しかし大変人なつこくて、檀家さんのアイドルになってしまいました。三派の途中であう人たちも可愛がってもらっています。
しかし、愛想は良く、かみつく心配はないのですが、お銚子屋で、4歳を過ぎた今でもじゃれつくのが玉にきず。おまけにぐんぐん引っ張ることがあり、お陰で腱鞘炎になってしまったり。
聞き分けも良い方で、今日はここまでだよ、っと声を掛けると直ぐに向きを変えるお利口さんでもあります。
ワンコが死んでしまった時、あまりにも良い犬でしたのでお墓を作ってあげたくなり、考えたのが青蓮寺のペット供養のかたちになったのです。
飼えばかわいいペットになります。愛情を注げば、必ずそのお返しをしてくれます。
お墓は私のオリジナルデザインですが、手前味噌になってしまいますがとても気に入っています。
ペット好きが考えたペット供養のかたち。その原点がここにあります。

|

« 永代供養が求められるわけ | トップページ | 今日は初午でした »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青蓮寺のペットたち(1):

» シベリアンハスキーのはなかわいいふり [シベリアンハスキーのはな日記]
わたしはかわいい顔をつくりますカメラ目線もばっちりですちょっとアップにはたえられませんが・・・ わたしはかわいいふりをよくします。かわいいね~といってもらえたら満足します。#63736;一日一回の応援よろしくお願いします... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 11時54分

« 永代供養が求められるわけ | トップページ | 今日は初午でした »