« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

今日はとても良い一日でした

台風一過、昨日の雨が嘘のような好天。朝、犬の散歩もそこそこに高崎のお寺に出向きました。晋山式(住職になる儀式)と、先代住職の1周忌に参列するためです。こうした行事には珍しく、時間通りに式が無事に済みました。檀家さんも沢山参列され、新命住職に対する期待の大きさが伝わってきます。とても素晴らしくもあり、羨ましい式になってうれしく感じました。
時間が予定通りに運んだので、一旦寺に帰って一休み。犬が散歩を期待している中、今度は前橋に出向きました。HPのリンク集、桐生南無の会のサポーターとしてご紹介させていただいている金剛寺さんのイベントでお話をさせていただくためです。金剛寺のご住職はとても馬力があり、尊敬しているお坊さんですから、頼まれればイヤといえない、いわゆる天敵みたいな方です。にらまれたカエルとでも申しましょうか。
尺八と津軽三味線の演奏がとても素晴らしくて、お話に行ったのではなく、私自身が楽しませていただく結果になってしまいました。
お話は持ち時間をちょっとオーバー。申し訳ありませんでした。でも、尺八で『コンドルは飛んでゆく』が演奏されたのにはびっくり、感動しました。
と言うことで、今日はよいことずくめの一日になりました。   感謝・感謝です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

今日は一日雨でした

朝起きた時は曇っていました。いつもの通り朝のお勤めをして、いよいよ犬のお散歩の番となったところで雨がぽつぽつと降り出しました。大あわてで散歩を始めましたが、霧雨状態からどんどん雨らしくなっていきます。いつもより短く散歩を切り上げて帰ってきた時にはだいぶ雨らしきなってきて、何とかしっとりした程度で散歩を終わらすことが出来ました。
雨が降らなければ困ってしまいます。雨は私たちに恵みをもたらしてくれるはずなのです、しかしいざ降ると文句を言われれしまいます。なんだか損な役割ですね。
恵みの雨も、時には重大な災害をもたらすことがあります。私たちの力ではどうにもしようがありません。そんな時はただやられっぱなしになるしか術はないのです。
人間様なんて思い上がっていると、とんでも無いことになってしまいます。やはり謙虚に生かされいただかなければならないのでしょう。
ただただ感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

朝に生まれ夕べには白骨となる身  & 青蓮寺NOWのバックナンバー(10月17日分)

 昨日伯母の葬儀が終わりました。やはり寂しいですね。わずか1時間ちょっとで骨だけになってしまいました。お骨に混ざって金具もありました。そう、伯母は大腿骨を骨折していたのです。その金具を見ながら、母の足にもこんな金具が入っているのだな~、と考えながらお経を上げていました。
 朝(あした)に生まれ夕(ゆう)べには白骨となる身、確かに間違いはありません。しかしどれだけの人が我が身のことと実感しているでしょうか。どんなに否定をしようとも、この定めから逃れることは出来ません。それだけにこの1分1秒が限りなく大切の思えてくるのです。
青蓮寺NOWのバックナンバー
 今雨が降っています。3時過ぎに帰ってきて、雨が降りそうだからと、あわてて犬の散歩をしようとしたら、ぽつぽつと降り出してしまいました。乗りかかった船、ままよと散歩に出かけましたら、結構雨粒が大きくて、水もしたたるいい男状態になってしまいました?当然犬もぬれてしまいましたが、何とか散歩をすませ、慌てて着替えをした次第です。
 雨が降ると、ついつい文句を言ってしまう、そんな私たちですが、雨が降らなければ困ったことになります。自分にとって都合が良かろうが、悪かろうが、結構そのお陰をいただいているものなのです。
 やはり、何事にも感謝の気持ちを忘れない、これが一番大切なことなのでしょうね。  10月17日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

インド仏跡参拝の旅(プロローグ)

2年半ほど前に、インド仏跡参拝の旅をしました。仏教徒としてインドはお釈迦様の地ですから思いは格別です。12日間で七大仏跡を巡ってきたのですが、その感激は今でも忘れません。
そこで今度は、檀家さんをインドへ連れて行ってあげたくなり、仏跡参拝の旅を企画しようとしています。
今度は八大仏跡全てを巡る旅にしたいと考えています。
おおよその日程表がファックスされてきましたので、手始めに前回のコースを辿ることにしました。
そこでグーグルアース上で、仏跡の場所を示してみることにしました。そこで気がついたのですが、自分は方向感覚に大変優れていると自認していたのに、結構位置関係を勘違いしていたことです。
悪戦苦闘の末、何とか八大仏跡全てにポイントを付けることが出来たのですが、前回はこんな風に回ったんだと、初めて理解できました。
思いこみ、勘違い、結構あるものなんですね。今回改めて感じました。今年中には日程を含めて皆さんにご案内が出来るのではないかと考えています。
その時にはHPで紹介しますから楽しみにしていてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

寒くてコタツが恋しいですね。 & 青蓮寺NOWのバックナンバー「HP開設1ヶ月のお礼」

 今日は決行肌寒い日になりました。なんだかコタツがほしいくらいに肌寒く感じます。ひょっとしたら年のせいかも。若いときは、見るだけでも寒気がすると言われたぐらいに薄着でしたが、胆石の手術を受けて以来、寒さに対する強さが失せてしまったようです。
 時々刻々と体も変化してゆきます。これが無常というものです。自分の体です、上手に付き合ってあげましょう。
これがカヤの実です。
以前拾った話を書きましたが覚えていてくださったでしょうか?。

青蓮寺NOWのバックナンバー
     「HP開設1ヶ月のお礼」
 このHPを立ち上げてからちょうど1ヶ月になります。9月16日が誕生日なのです。暫定ページをやっとの思いで立ち上げたのが9月1日。そこからページの改造に取り組みだして16日目にこの本番ページとなりました。とは言え、まだまだ改造・修正は続いています。これで完成と言うことはないのでしょうね。毎日カウンターの数字を見ること、メールの確認、ブログの確認も歯磨きをしながらの朝一の日課となりました。最初は関係者が見るだけだったと思います。でも最近は広がりが出てきたのかなとも感じています。皆様の声をお寄せいただけたら有り難いことです。
これからも皆さんの叱咤激励をいただきながらこのHPを成長させてゆきたいと考えています。
まずは誕生1ヶ月のお礼を申し上げます。               10月.15日 住職合掌

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

生者必滅会者定離

この世に命を受けたものは必ず死を迎えます。出会いはまた別れの始まりでもあります。
先ほど88歳の伯母が亡くなったと従兄から電話がありました。実は昨日母を連れてお見舞いに行ってきたばかりです。眠りに入っていた伯母とは言葉を交わすことは出来ませんでしたが、母にとっては久しぶりの実家訪問でした。84歳になった母は、医者通いもしておりますので出たがりません。体力に自信がなくなっていて、出先で具合が悪くなってはと、心配が先に立つようです。
お盆過ぎに、弟と息子がお施餓鬼の手伝いに行ったときは、元気で話をしてきました。母に会いたがっていると聞き、母に連れて行くと話していたのですが、実現できずにいました。
伯母はつい数日前までは起きて食事もとっていたといいます。しかし高齢のため、急に具合が悪くなってしまい、帰らぬ人になってしまいました。
この世の定めとはいえ、やはり寂しいものです。
冥福を祈り 合掌

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月15日 (月)

青蓮寺のHP誕生1ヶ月祝い? &青蓮寺NOWのバックナンバー(ここにきて、急激に秋らしくなってきました)

どうせ人のやることだから、との思いの中で始めたHP作り。訳の分からないまま、多くの友人の手助けをいただいて、今のHPに成長させることが出来ました。
本当にお世話になりました、心よりお礼を申し上げます。とはいうものの、成長すればするほど手がかかるようになることは子育てと一緒。今後ともよろしくお願いしますよ。
青蓮寺NOWのバックナンバーです。
 ここにきて、急激に秋らしくなってきました。普通なら「足早に」とか「急速に」と書くのでしょうが、何たって急激な変化です。ついこの間まで、犬の散歩は汗を流しながらだったのですが、今では作務衣の上着を着ています。しかも合い着です。日が落ちると半袖のTシャツではちょっと寒く感じてしまいます。
 お施餓鬼法要が終わって、今まで張り詰めていた気分が解き放たれたとでも言いましょうか、ぐたっとしています。何となく猫のグニャッとしたような気分です。(これは猫好きじゃないと分からないかも)夕方、母親が苦労して家に入れた猫が、お客さんがきたスキに逃げ出しました。こうなると11時ぐらいにならないと家に入りません。でも、今夜は早く寝たい気分です。明日は高崎で研修会です。 10・11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

青蓮寺探しをしようと思います

青蓮寺で検索すると、いくつかの青蓮寺が出てきます。300番ぐらいまで見てゆくと7つか8っつありそうです。青蓮寺という名前の寺はあまり多くはないようですが、全国にどのくらいあるのか、ちょっと興味がわいてきました。じっくり時間をかけて探してみようと思いますが、皆さんの知っている青蓮寺がありましたらどうかお知らせください。
所在地、宗派だけでも結構です。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

忙しいのももう少し

今日も相変わらずの忙しさ。昨日は高崎にシティーホールで研修会。今日は高崎のお寺で晋山式の打ち合わせ、帰ってきてすぐにお通夜。でも今日はトラが家に入っていたので一安心。2日続けてトラには朝帰りをやられてしまいました。帰って来ないと、11時過ぎまで心配で休めません。何回も庭に出て猫を探します。今夜はそれがないだけ良いとしましょう。
明日は、法事が3軒とお葬式、これまたちょっときつい一日になりそうです。
体を休められるときには、無理せずに休ませなくてはならないようです。
無理は禁物です。ストレスの逃がし方を研究しましょう。あまり酒に頼るのはおすすめできませんよ。
忙しいときには、精神的にハイになってしまいます。
HPの直しも一段落させてしまいました。さてこの次はどんな改造をしましょうか、掲示板にするか、それとも・・・・・
いやいや、ここらで一休みとしてじっくりと構えなくてはならないようですね。
あせらない、焦らない。これが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

今頃夏ばて? &青蓮寺NOWのバックナンバー

 今、目の前に結構大きな蚊が飛んできました。悔しいことに?逃げられてしまいました。身も心もグニャー緊張感が欠如しています。HPの直しも一発ではだめでした。2回も直しました。3時間かけて、8ページの修正、ああかったるい。それではお休みなさい。
●青蓮寺NOWのバックナンバー
もうすぐ日曜日になろうとしています。今本堂から降りてきました。今日はひたすら塔婆書き、何たって9日のお施餓鬼法要が目前です。準備に追われて、ひょっとしたら人相が悪くなってしまっている?そんな状況です。明日も法事が1件ありますが。法事の時以外は塔婆書きになるでしょう。
 皆さんは、坊さんは暇だと思っているかもしれませんが、これで結構忙しい思いをしているんです。確かに暇な坊さんもいるのでしょうが、どうしてこうも偏るんですかねえ。
 でも、人様から当てにされている方がましかな、と思ったりもします。しかし、こう忙しいと、出てくるのは愚痴ばかりになってしまいそうです。
 愚痴話に付き合わせてしまってごめんなさい。感謝します。 合掌     10月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

今日は何もしたくない日でした

昨日、寺の大イベントであるお施餓鬼法要があり、無事に済みました。今日は会計帳簿をやっつけるつもりでしたが、何となく胃は痛いし、気力も失せて・・・・・・
夕方からは仏教会の本部役員会。時間を間違えて5時にいったら会場はまだ閉まっていました。常務にあわてて携帯を、なんと1時間間違っていたのです。やはり今日はどうにもならない一日だったようです。
放電し続けると、人間参ってしまいます。やはり放電の後には充電しなければならないことを実感しました。皆様もどうかお気をつけください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

今日はよい天気でした。&HPの青蓮寺NOWのバックナンバー

 今日は久しぶりによい天気でした。夕方犬の散歩をしていて、空がとてもきれいに感じました。私は空を見上げるのが大好きです。桐生市の上空は、旅客機の飛行コースで、よく飛行機を見ることが出来ます。犬の散歩中、約30分ぐらいの間に、多いときは5機ぐらい見ることが出来ます。
 さて、飛行機が飛びますと、その跡に飛行機雲が見えることがあります。全く見えないとき、少し見えるとき、空いっぱいに長く引かれるとき、いろいろですが気象に関係あるらしいですね。
 天気が悪くなる前には、長く引いているように感じます。安定しているときにはほとんど見ることはありません。
 皆さんも注意してご覧になってみてください。

HP青蓮寺NOWのバックナンバー (10月4日)
 犬の散歩中に、カヤの実を拾ったことを書きましたが、ちょっとしたいへんにきがつきました。
 どうも今年は木の実が少ないようです。カヤの実もあまり落ちていません。梢を見上げてもほとんど実も見えないのです。昨年の30%程度なのでしょうか、ちょっと寂しい思いがいたします。
 樫の木もあまりドングリをつけていないようなのです。散歩のコースには、樫の木もあります。豊作の時には地面一面にドングリが落ちているのですが、こちらもまばらなのです。
 同じ事が山で起きているとしたら、動物たちは一体どうすればよいのでしょう。心配で、かわいそうでなりません。
 自然林を破壊し、杉や檜を植えた、そんな人間の身勝手が土砂崩れや、動物たちの災害をもたらしている一因に考えられなくもないのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

今日は桐生南無の会の例会日です。&青蓮寺NOWのバックナンバーです。

今日は桐生南無の会の例会が、ここ青蓮寺の本堂を会場として開催されます。詳しくはHPで確認してください。
青蓮寺NOWのバックナンバー「健康診断結果報告です。」
 9月27日に、健康診断に行ったことを書きました。まだ採血の跡があざになって残っています。今日結果を聞きに行ってきました。
血液検査、心電図、尿検査いずれの数値のも異常なし。主治医の田村先生も感心しきり、ここ何年も異常な数値は出ていません。見事なほどの健康体!となるわけですが、果たしてその実態は?となると怪しい部分が自覚症状としてはあります。これは検査には引っかからないものだとは思いますが。
まず、腰が重っくるしい、何となく腰に負担をかけるのが怖いのです。ゴルフも好きなのですがここ1年ばかりやっていません。別の事情があることにはあります。(たまには休ませろ)あと、目がだいぶ遠視になってきました。乱視がそれ以上に進んでいるようです。
全て良しとは行かないのがこの世の定めのようです。皆さんも健康にはくれぐれもご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

今日は宇都宮に行ってきました。

今日は宇都宮市内の寺院でお施餓鬼法要があり、随喜してきました。法要の最中眠かった!!!!
もう年なんですかね、この頃寝不足のせいか、体力が落ちたせいか、よく眠くなり困っています。
明日は桐生南無の会の例会が午後7時から青蓮寺の本堂であります。9日のお施餓鬼の準備と併せて、昼間は片付けと掃除をせねばなりません。
頑張らなくっちゃ。今から気合いを入れておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の会議は実にくだらなっかた

昨日の午後2時から、とある懇談会に出席いたしました。これが結果的には実にくだらないもので、何のために出席を求められたのかすら私にとっては意図不明。きっとお役所の言い訳のための会議だったんでしょうね。
国は国民の声を聞き取る、ということにかけてはまだまだのようです。ひょっとしたら、どうしたらよいのか分かっていないのかも。
今や瀕死の仏教、同じ事が坊さんにもいえるかも。反省しなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

急に寒くなりましたね&青蓮寺NOWのバックナンバー(9月27日)

つい2日前までは本当に暑かった。ところが嘘のように、急に涼しくなってしまいました。晩秋の気温だとも天気予報で行っていました。
9月は異常に気温が高い日が多く、記録を更新したようです。思い道理にはどうも行きません。
雨が降ろうが、風が吹こうが、どうするわけにもいかないのがこの世の定めです。
思い違いをしていると、とんでもないことになってしまいますから、くれぐれもご注意を。

9月27日の青蓮寺NOWバックナンバー
もう12時を過ぎたから、昨日のことです。年に一度の健康診断で、かかりつけの病院へ行きました。そこでは、血液検査のための採血もあります。注射器を持っていたのは、初々しい、まだ湯気が出ているのではないかと思われる看護師さんです。実におどおどと採血のためにゴムチュウブを上腕に巻いてとなりました。そばでは、これは立派な大ベテランが、「大丈夫」と見守っています。体脂肪率16%の私の血管は、それは見事に浮き上がっています。この血管に注射が出来なければ、もう誰にも注射が出来ないような血管です。
 普段の2倍くらい時間をかけて、無事、やっとの事で、採血は終わりました。彼女もいつの日かきっと立派な看護師さんになってくれることでしょう。今度するときには、きっと上手になっていることを念じつつ、過去の自分を思い出していました。19歳で師僧(父)になくなられた私は、イヤも応もなく、銃の持ち方も知らない状態で、いきなり最前線に送り込まれたようなものでした。
 最近、親しくしている葬儀屋さんが「あのときは痛々しかった」と昔話の中で語ってくださいました。今でこそ偉そうな顔をして、昔からそうだったみたいに振る舞っていますが、そんなモンじゃありません。
たくさんの方々にご迷惑をお掛けした結果が、ここに立っています。   感謝・合掌

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »